映画ブログでおナス。

フィルマークス始めたので映画の話しません。

やかましいわ。

マジで目覚めが最悪だった。トイレに駆け込み用を足すもトイレットペーパーがないというベタなオチの夢を見たのと、ツイッターのさっむいツイートを表示してくるハイライト機能のせいだ。前者は昨日カレーを食べながら深夜に再放送されていた銀魂をみたせいか。

そもそも私はふだん用を足す前に必ず「紙があるか」と「便座が清潔かどうか」はチェックするから現実ではそんな事態にはなり得ないのだけれど。補足。

それで起きてからは自己陶酔について考えて悶々としていた。

先日明らかに布団が湿っている歌舞伎町のラブホで、かれこれ今年で10年目の付き合いになる悪友から、よくある、本当によくある恋愛の話をきかされていた。「100%の愛を相手にぶつけずにはいられない」らしい。マジかよ。いろんな意味でその癖のせいで恋愛がうまくいかないのだという。

その話をパンツ一丁で聞きながらも脚が潜り込んだ先の湿った布団の方が気になった。だっていくら話聞いて分析したって意見を言ったってこいつは絶対に変わらないし。現に今私が主張している「この布団絶対湿ってるって!」も聞き流されてるのだ。

自己陶酔のせいで恋愛がうまくいかない、恋愛がうまくいかないからまた自己陶酔をするという女がいる。ていうか少なく見積もっても女の3割はそうだと思う。自己陶酔の永久機関かお前らは。酒飲みで言ったら夏に3日くらい風呂入らねえでガスも電気も止められて(水道はギリギリ生きてる)ワンカップ大関片手に常磐線三河島駅で降りてく汚ねえおっさんと同じレベルだということを自覚しているのかこいつらは。

私は別に批判したかったわけじゃないんだよ。そんな資格もないし。でもお前らもええ加減にせえよ、という気持ちがある。唯一この状態の人間にとってモルヒネであるところのお手軽男根を私は持ち合わせてない。それでひとりプロレス特番を観ながら、ひんやりした布団で寝息を聞いててやることくらいしかできなくてなんともやるせないので、お前らはお前らで何とかして欲しい。