映画ブログでおナス。

フィルマークス始めたので映画の話しません。

私はどんぐり人間。

「ねえ、聞いて〜こんな酷い目にあったんだけど…」と自分が傷ついた話をいとも容易く人に打ち明ける人がいるが、そのような人に出会うと素直に「この人明るい人だな」と思う。少なくとも私にとってこのような行為は死ぬほどハードルが高いので、大したことないエピソードをこの構文に当てはめて人様に発表することで「自分が傷ついたエピソードを人に話せないほどプライドが高く殻に閉じ籠った自分ではないですよ」アピールをしている。極めてダサいのは承知だ。

でも、私は少し歳をとって大人になれたらしくおそらく私の直近四年ほどを最もよく知っている人にこの事を話せるようになっていた!だから、嬉しくてブログを書いてみる。

本題に入るが、私は傷ついたのである。簡潔に言えば、友人からの誕生日プレゼントがあんまりにもひどかった。人から貰ったものにひどいもクソもあるか、ひどいのはお前だろと私も思う、思うんだが、人間そう建前ばかりじゃあないだろ。

具体的な話はこうだ。元バイト仲間で仲の良い3人で定期的に会っているが今回は半年ほど空いて当該会を開催しようということになった。

前提として、その会は10月に行われたが3人のうち2人は8月生まれで私は9月生まれだということがある。

そんなこんなで、私は8月生まれの友人2人と個別に連絡を取り合い、直接会って誕生日プレゼントをそれぞれ見繕った。

結果的に1人にはヘアフレグランスを、1人には高級なお絵描きセットを各友人と折半して(しれっと2人のプレゼントの金額が同じになるよう予算の調整などをしながら)用意した。

期待というか、いや、まあ、正直日取りから逆算すれば一番誕生日が近いのは私だし誕生日当日にはおめでとうのラインももらっていたので何かしらあるだろうと思っていた。

小さい人間と思われるかもしれない。しかし、ここまで書いておいてなんであるが私は「プレゼント代2人分の損失」や「単純に大したものが獲得できなかったこと」に対してぶつくさ言っているのではない。2人は、私のことを思いだしもしなかった、もしくは思いだしたとしてもなんらかの形で何かをする気が起きない程度の存在だったということが悲しく惨めだった。

2人はプレゼントを受け取り、一次会も終盤を迎え私がお手洗いから戻ってくると小さな小さな包みが置いてあった。開けるとこれが出てきた。

f:id:ultimate_stylish:20181022033915j:image

私の親指の爪ほどの大きさのどんぐりスタンプである。ちなみに私はリスじゃない。2人のうちの1人がお絵描きセットを買いに行ったときにわたしにも買ってきてくれたものである。お絵描きセットを購入した店に置いてあったのでわかる。もう1人は当然なにもない。一見なにもプレゼントを用意していない方が悪いようにも思えるが実は違う。

この会において、私へ誕生日プレゼントを渡すという発想があったにも関わらず「ついで感」の塊みたいな物を寄越してきたという事実がめちゃくちゃ惨めさを感じさせた。その時私は大袈裟に喜びながら「あ、この人にとって私はこの程度の存在なんだ」などと考えていた。ハイテンションで一晩過ごした私を褒めてやりたい。

本当に辛い出来事が起こるとすっぽり記憶が抜けてしまうものだが、案の定いつもの日課の一環で人に電話して思考の棚卸し作業をしている際にハッと思い出した。

電話でこのエピソードを話した人と母から「天然」「鈍臭い」というワードが出てきて、私も概ね納得している。まぁでもこのことを天然の一言で許されるのだとしたら、私も天然になりたい。23歳、天然志望である。ていうか、モースの贈与論によれば与えるのを拒んだり招待するのを拒んだりするのは戦いを宣するのと変わらないらしいぞ。ケンカ売られてんのかな。あ?

しかしながら、私が全くもって完璧でないのと同様に完璧な友達なんかいないのである。よく考えてみれば、人生最大の友人だと思っていた友人には人生最悪の裏切りを受けているし、また別の友人には酒癖が悪く八つ当たりされたあげく私があげた誕生日プレゼントを置いて帰られかけた(また誕生日絡みか)。

許すというか他人なので単純に諦めるということが真の友達への第一歩なのかもしれないな。だからなんだ。知るか!!

f:id:ultimate_stylish:20181022034058j:image(秋だなぁ)

 

 

バナナマンライブ2018「one half rhapsody」行ってきたんだけど

天から最強の運を与えられた私はとんでもない倍率のチケットを二年連続で当て、去年は3列目、今年は2列目12番というとんでも良席で観覧することが叶った。「バナナマン ライブ」と検索すれば阿鼻叫喚、最高だったかっこよかったおもしろかったの嵐であった。できるなら私だって手放しで誉めそやしたい。私はネタを作ることもできない一消費者だ。出されたもんは黙って食え!と自分自身を叱りつけたい気持ちはあれど、一連の流れを見て胸のモヤモヤがあるのは確かなのでここで吐き出すことで前に進みたい。ちなみにDVD発売前ということもありネタバレは避けていく。

 

今年のライブを見た気づき

今年のライブを見て「バナナ炎バナナ炎炎での話題から着想したネタがいくつかあるな」と感じた。皆さんご存知、設楽さんは2018年上半期出演本数ランキング2位を獲得。日村さんも今期はランキング外なもののabemaTVにも出演しており、非常に忙しいコンビだ。そして、以下を見ていただければわかるだろう。

f:id:ultimate_stylish:20180811175242p:plain

バナナマンのテレビ番組出演スケジュール IPG番組表×TVstation タレントスケジュール

 

お笑いの番組が一つもねえ

今回バナナ炎を参考にしてきたということはご本人たちもネタの種になるようなブレスト的やり取りの時間が圧倒的に足りないことは自覚していると思う。強いていうならば、TBSラジオバナナマンのバナナムーンゴールド」は8年も続く長寿番組で二人(+作家のオークラさん)の時間はそういった意味でいい時間になるかもしれない。しかし、お聞きの方はご存知だろうがもう時期ごとにラジオの内容が決まってしまっている。3月はひな祭り、5月はこどもの日などなど…(本人たちが求めているかは別として)これでは二人の自由な発想が出てくることなどないのでは…と思ってしまう。

そういったことを考えていくと、さまぁ~ず×さまぁ~ずは画期的な番組である。必ず二人のフリートークのあとに企画(この企画はハネるハネないの差が激しい)という構成なので必ず二人は日々の出来事を発表していく。そこで即興ミニコントをして二人でゲラゲラ笑っているだけなのだがこれがなんとも面白くて楽しいのだ。2年に一回開催される彼らのコントが面白いかどうかは別として、日々をコントに昇華させるシステムは整っているのだ。こういった環境がバナナマンには必要なのではないか。

正直な感想として、笑いは6割くらいだった。それでも去年より最後に設楽さんのサディズムが表出するネタや、設楽さんらしいすこしブラックなオチなどバナナマンの笑いの本質みたいなものが現れていて良かった。去年のヒム子などキャラネタはうれしいが、それに頼りすぎるのはお笑いと言えるか?などモヤモヤと悩むオタクだった……

 

就活やる気ない奴こそエージェントを使ったらいいのに

私は19卒だけど、3/27に就活がいったん区切りがついた。いったんの区切りというのは「結構ガチめに行ってもいい企業から内定を取る」というもので、新卒就活エージェントを使って内定を取った。留学も行ってないし成績も良くない、別段頭がキレるわけではない自分がなんとかなるにはある意味で賢く動くしかなかった。

最近、新卒就活エージェントについて質問を受けたり、思わず人に紹介したくなったりする機会が増えたので今後このブログのリンクを渡しておしまいにしていこうと思う。

就活エージェントとは何なのか

転職する際のツールとして割とメジャーな(と聞いている)「エージェント」を新卒でもやってみようじゃないかというサービス。転職のエージェントと大きく異なる点としては求職者の利用料金が無料だということで、学生にとってこれはでかいんじゃないか。

実際なにをするのか?

私は一つのエージェントしか使っていなかったので、このエージェントの流れしかわからないけれど足しにはなると思うので書く。

  1. セミナ―→面談(同日)
  2. 求人票が送られてくる
  3. 選考受ける
  4. フィードバックもらう
  5. (2~4)繰り返し
  6. 内定出る

ざっくりこうなる。

  1.セミナ―→面談(同日)

1回20~30人の学生が集められた。私が参加したのは2月上旬頃。早めに動き出した所謂≪意識高い≫学生たちだ。現在の就活状況等を記入し終えた者から呼び出されて、透明の個室に連れていかれる。

そこで初めて自分の担当のキャリアアドバイザーと対面。アドバイザーの話によると私は開口一番、「論理的コミュニケーションの取れる職場に行きたいです」と宣ったそうで、お前イキってんのけ?と過去の自分を叱責したくなった。

その他、現在の志望業界とその志望理由、こんな経験をして嬉しかった・嫌だったなど色々なことを聞かれて、志向を分析してくれた。ここで既にプロに頼る強さを感じた。

そしてこの後エージェントと対面するのは内定獲得した2か月先のことになる。必要なければ出向かなくて済むのも私は快適だと感じた。

  2.求人票が送られてくる

記憶がたしかならセミナー終了後10分と経たずメールで求人票が送られてきた。私のエージェントはとにかく仕事が早かった。事業内容やら給与やらを考えて選考に進むか進まないかを決定する。ちなみに私は送られてきたものすべてに【選考を受ける】を選択して返信していた。理由は「断るのがなんかきまずいから」。

ここでは【本命前に受けたい練習用企業に使う時間と労力を最小限に抑えられる】【マイナビリクナビには載ってないけど良い企業を知ることができる】というメリットがある。セミナーの際に提出した履歴書を企業側に送ってくれるので、企業ごとに履歴書を手書きしたり、この段階で志望動機に頭を悩ませたりする必要がない。

ていうかそもそも自分の志向に合った(業界という意味でも社風という意味でも)ちょうどいい会社を探すという結構大変な作業にかける時間が0なのもめっちゃでかい。極めてストレスフリー。

  3.選考受ける

日程調整やなんかは全部メールでエージェントを介して行って面接を受ける。企業によって「こんなことが聞かれるから事前に準備せよ」との連絡が来る。受けた後は合否にかかわらず「なんで落ちたのか」「なんで通過したのか」を教えてもらえる。これはめっちゃ素晴らしいことで、これのおかげでアウトプットの質が向上する。普通に受けていては数打って試行錯誤することによってやっとこさ得られる知見を秒で得られる。効率的。

あと、個人的にめちゃめちゃ助かったのは、「エージェントに申し訳ないからクソ眠いけど起きて選考行こう」と思わせてくれたことだった。私は狭い意味で自分しか関わってないこと、例えば大学の授業とか美容院とかに予定通り行くのが苦手だったのでこういうタイプの人にとっては助かると思う。

  4.フィードバックもらう

3にちょっと書いちゃった。フィードバックをもらって自分のたりないところを補強する。例えば私は「賢いのは分かるしその点を評価しているが、フレッシュさが足りない」というフィードバックを頂いたけれども、どうしたらいいかわからなかったのでエージェントに聞いたら「挨拶とか大きい声でしましょう」とか具体的なことをかみ砕いて教えてくれる。おかあさんかな。

これを繰り返していくことで所謂PDCAサイクル(笑)をエージェントの力を借りながら回すことができるので、なにをしたらいいのかわからないという時期がなかった。

まとめ

以上、時間軸的にサービス利用の詳細とメリットを記した。

以降は、改めてメリットのまとめと追加、私の考えるデメリット。それでどんな人におすすめなのか。

 

【メリット】

  • 自己分析の精度向上
  • 効率
  • 出会う企業数が増える
  • 選考に出向く強制力
  • 【追加】志望度の高い企業に関して、面接の結果が微妙だったとしてもエージェントがプッシュしてくれる

【おすすめな人】

  • 中小企業でも優良企業見つけてとっとと就活終わらせたい人
  • 本命前に面接の場数を踏みたい人
  • 一人じゃ頑張れない人
  • そもそも自分が何したいかわからん人

【デメリット】

  • (他のエージェントは違うかもしれないけど)大企業の求人がないこと
  • もし自己応募の企業に入社することを決めたときエージェントに「申し訳ないなあ」と思ってしまうかも

準備の早さと情報量というのは、大学とか地頭とかいうもう変えられない条件とは違ってどうとでもなるので、就活がくだらないと思う人間ほどエージェントとか新しいサービスをガンガン使ってとっとと終わらせてしまうのもありかなあと思う。まだ自己応募の選考あるのにこんなことやってる場合じゃないんだよな~~~~~~ねる。

やかましいわ。

マジで目覚めが最悪だった。トイレに駆け込み用を足すもトイレットペーパーがないというベタなオチの夢を見たのと、ツイッターのさっむいツイートを表示してくるハイライト機能のせいだ。前者は昨日カレーを食べながら深夜に再放送されていた銀魂をみたせいか。

そもそも私はふだん用を足す前に必ず「紙があるか」と「便座が清潔かどうか」はチェックするから現実ではそんな事態にはなり得ないのだけれど。補足。

それで起きてからは自己陶酔について考えて悶々としていた。

先日明らかに布団が湿っている歌舞伎町のラブホで、かれこれ今年で10年目の付き合いになる悪友から、よくある、本当によくある恋愛の話をきかされていた。「100%の愛を相手にぶつけずにはいられない」らしい。マジかよ。いろんな意味でその癖のせいで恋愛がうまくいかないのだという。

その話をパンツ一丁で聞きながらも脚が潜り込んだ先の湿った布団の方が気になった。だっていくら話聞いて分析したって意見を言ったってこいつは絶対に変わらないし。現に今私が主張している「この布団絶対湿ってるって!」も聞き流されてるのだ。

自己陶酔のせいで恋愛がうまくいかない、恋愛がうまくいかないからまた自己陶酔をするという女がいる。ていうか少なく見積もっても女の3割はそうだと思う。自己陶酔の永久機関かお前らは。酒飲みで言ったら夏に3日くらい風呂入らねえでガスも電気も止められて(水道はギリギリ生きてる)ワンカップ大関片手に常磐線三河島駅で降りてく汚ねえおっさんと同じレベルだということを自覚しているのかこいつらは。

私は別に批判したかったわけじゃないんだよ。そんな資格もないし。でもお前らもええ加減にせえよ、という気持ちがある。唯一この状態の人間にとってモルヒネであるところのお手軽男根を私は持ち合わせてない。それでひとりプロレス特番を観ながら、ひんやりした布団で寝息を聞いててやることくらいしかできなくてなんともやるせないので、お前らはお前らで何とかして欲しい。

「おんなのこきらい」

酒の場で酔っ払うと漏れなく女がどう、男がどう、社会がどう、ミソジニーがどうと騒ぎ立てることで生計を立てていると巷で噂の私にこの作品が目に入らないわけもなく、アマゾンプライムで配信していたのでサクッと観た。たぶん70分くらいかな。これ以上長かったら暴れてた。


とにかく役者が大大根(非常に大根役者の意)なのは味としておいておくとしても、


なんじゃあの謎の長回し??

ずーーーーっと同じ構図のずーーーーっと泣いてる場面見せられてもこちらの10秒早送りボタンが火を噴くだけなんですね。


まだ言いたい。


場面ごとにブツッブツッと切れるの完全によくないでしょ。効果的に使われてるならいいんだけどそうでもねえ。ひたすらにブッツリ場面を切るためだけにブツッブツッと音と画面の情報が無になる。そのまんまかよ。


終盤、束の間の幸せシーンは今流行り(もう流行ってないのか?)の手持ちブレブレカメラでしたね。この手法なんていうのか未だに覚えられない。

※調べたらPOV方式だった。POV…POV…POV…


あと思ったより"""カワイイ"""シーンが少なかった。「渇き。」や「ヘルタースケルター」ばりの""'カワイイ"""パッションを期待していた。予算の関係上仕方なかったのかな。いっぱいお菓子集めるのも大変だったと思うし。


あと、その職人っぽい高山?イケメン?とアクセサリーのデザインについてキリコが話すシーンが、もう、モロすぎて…


高山「いやこれじゃあ素材の個性とかが活かせない…」

キリコ「カワイイを全力で押し出してカワイイで統一すればいいんです!カワイければなんでもいいんだから!」

高山「なんていうかそれじゃあカワイイ、じゃなくてカワイソウじゃないですか?」


(以上全てうろ覚え)


やかましいわ!!!!!!!さっむ!!!寒すぎる!!!!


もうテーマ言っちゃってますやん。鼻水垂らした五歳児でも気づきますわ。「ママ見てー!メタファーにもなってないクッサイセリフをメッセージとして役者に喋らせてる映画だよー!」


それでも私はラストに満足しているので、それだけは良かったなと思う。

ラスト、「君カワイイね」と声をかけられて「ハイ!」と快活に答えてチャリで走り去るシーン。

かわいいと言われたことに屈託無く肯定するそのシーンは冒頭にもそんなこと言われてたなーなどと思い出させるはずなんだけれども、冒頭と最後ではその意味合いが逆転している。

ラストのキリコは、自分を肯定しているがその根拠づけは他者からではなく自分。

媚を売る必要がないから男の手を取ることはない。振り向きもしない。

このオチじゃなかったらそれこそ発狂してぶっ倒れてたかもしれない。70分あったら内村さまぁ〜ず2本弱観れたじゃん…

確かに高山はキリコの本性を見てもかなり優しくしてくれたいい男なのであるが、万事上手く行き、こいつとくっつくことになったとしたら、キリコの存在意義を他人に委託しちゃってる生き方はそのままだっただろう。

寄生の宿主がちょっとランクアップしたねワーイって映画観せられても困っちゃうから。

この映画から感じたのは「女はしっかり持とう!自我!」というものでした。男も持たなきゃだけどね、自我。



観たい映画メモ(新作旧作含め)

我ながらそれぞれご丁寧にトレーラーのURLをつけた。

ベルフラワー(2011)

何度もうるせえよというレベルでTwitterで騒いでいるが「もうだめだ、女は信用できない。」のキャッチコピーがなぜかツボ。そして主人公はマッドマックス2の悪役、ヒューマンガスを崇拝してやまない無職のボンクラ二人。女もそりゃ逃げてくだろというスペックのボンクラその1と詳細は不明の、しかしその1同様ダメダメだろうボンクラその2が火炎放射器を振り回して暴れるというストーリー。これ以上の青春はないでしょう。観たい。ちなみにツタヤ中野店には取扱いがなかった。渋谷に行くしかないのか。f:id:ultimate_stylish:20160506210316j:plainhttps://youtu.be/8YUcy7G2fTI/

 

 

ズートピア(2016)

言わずもがな。トレーラー観てからずっと気になってたし、重い腰を上げて観に行こう。ディズニーの話題作で映画好きの友人がその深さを語っているしどう考えてもかわいいので観たいけど、どうもまともな感想がタイムリーかつ膨大な量氾濫しているそうなので、感想を言うのも言っちゃえば観るのすらもなんか肩肘張っちゃうというか、身構えちゃうな、というのが正直なところ。これをなんとかする方法を今のところ私は「複数回観る」しか知らない。そうすれば初回は「また観るんだし深いこと考えんでもええやろ~」という風に観れるし、2回目、3回目はストーリーがわかってるから細かいところに目を向けられる。ただこの方法の最大かつ根本的なデメリットは、いくらお金があっても足りないということ。どうしようもねえ。【https://youtu.be/XFLtHhqjTuY

 

 

アイアムアヒーロー(2016)

グロ苦手即ちグロ嫌い。これは間違いなのである。友人曰く「ここまでやってくれるか」というレベルに死体を積み上げてくれるらしい。現実で見れっこないものは映画で見よう。漫画、アニメ原作実写化はいろんな意味で本当に怖くて相当評価よくないと手は出したくないです党だけどこれはなかなかよさげであるぞ。余力があったら観に行こう。 【https://youtu.be/VBp7zW9hxZY

 

 

オンリー・ゴッド(2013)

鬼才、ニコラス・ウィンディング・レフン監督の映画。この監督の映画はドライヴ(2011)(これはサイコーだったのでもう一度観て興奮のままに感想を書きたい)しか観てないんだけれども、ある信頼すべき筋から「ドライブが気にいったならこちらの作品も観た方がよろしい」とのアドバイスをいただいた。めくるめく暴力と色彩を期待します。レフン監督最新作で今夏公開予定(日本での公開日時は未定)の「The neon demon」のトレーラー(https://youtu.be/HH-srjX2H1c )観てレフン欲が爆発しかけてるので早めに借りる。 f:id:ultimate_stylish:20160506210335j:plainhttps://youtu.be/cDlf3oImGts